高血圧は危険な病気です。なぜなら自覚症状がない場合も多いなか、死に直結するような病気へと発展する恐れがあるからです。このサイトでは高血圧を放置してしまった場合にどうなるかや、高血圧を悪化させないための食事の面からのアプローチなど、高血圧に関する様々な情報を提供していきます。ぜひ自分事として捉えてご覧ください。

糖尿病からくる高血圧の症状について

糖尿病の男性と迫りくる病気糖尿病患者のうち40%~60%が高血圧とされます。
糖尿病の結果として高血圧になると、動脈硬化を起こし血管内が狭くなります。
その結果、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクが高まります。
また高血圧による合併症にも注意が必要です。
腎臓は血液が多く流れ込む臓器ですが、血圧が上がることで機能が弱くなり、やがて腎臓疾患に繋がる場合があります。
さらに網膜の血管にも負担がかかるため合併症が進行すると失明のケースもあります。
脳疾患や心臓病では、命の危険や幸い一命を取り留めても障害が残るおそれがあります。
腎臓障害の場合は人工透析を余儀なくされるなど日常生活に影響する病気ばかりです。
高血圧は初期段階では自覚症状がない場合がほとんどですから、気付いたときには進行しているケースが多々あります。
そうならないためにも日頃からの健康管理が重要です。
ではどうして糖尿病になると、血圧が高くなるのでしょうか。
その答えの前提として体の仕組みを理解する必要があります。
糖尿病とは、血液中にブドウ糖の量が多くなる状態です。
正常な体ではブドウ糖はすい臓からインスリンが分泌され、適切な量を維持しています。
しかし働きが弱るとコントロールできません。
体の各細胞は薄い膜で覆われており、隣り合う細胞同士が浸透圧によって水分を調整しています。
血液中にブドウ糖が多いことは、つまり水分が少ない状態です。
血管内に水分を補おうと、外部より水分を吸収します。
結果としてブドウ糖濃度は下がりますが、血液の量が増加します。
そのため血液を循環させる心臓の仕事が増え、高血圧になります。
したがって糖尿病になる原因を特定し、対策を講じることが高血圧の予防に繋がります。
肥満を原因とする糖尿病では、交感神経の働きが強まり血圧を上昇させるホルモンが分泌されます。
またインスリン抵抗性といって、インスリンの作用を受けるべき筋肉や肝臓などの細胞の感受性が鈍くなる結果高血圧になる場合があります。
インスリン抵抗性は健康な人よりも既に糖尿病を保有している人のほうが高い傾向にあります。
高血圧が悪化する前に血糖値を管理したり、血圧を下げる対策を行いましょう。

血圧を下げるには運動も必要

血圧を下げるには、いくつかの方法が考えられます。
まずは毎日の食事から。
味が薄いからと塩分を多く摂るのは良くありません。
塩分濃度が高くなることで血液中の水分量を補おうとし心臓への負担が高くなります。
また塩分には血管を収縮させる働きがあるとされ、その結果血圧が上がります。
調理方法を工夫するなど減塩に心掛けましょう。
一日に摂取して良い塩分量の目安は、最大でも10mgとされます。
ちなみに中程度の梅干し1個で2.9gです。
次に動脈硬化の原因ともされるメタボリックシンドローム。
その解消には生活習慣の見直しが重要です。
食事療法とともに適度な運動を心掛けましょう。
適度な運動は血管を拡張する効果が見込まれ、インスリン抵抗性を改善するとされます。
メタボ解消だけで血圧が下がることもあります。
高血圧に効果がある運動量は、1日30分以上毎日行うか、毎日が不可能ならば60分以上を週3回を目安に行うと良いでしょう。
ただし個人差があるので、もっと少ない運動量でも効果があらわれる人もいます。
その他に、血管を収縮させる喫煙や飲酒も高血圧には良くありません。
すぐに止められない人は、1日日本酒なら1合程度までにしましょう。
仕事上のストレスや睡眠不足も高血圧の要因になります。
どうしても避けられないストレスは、ストレッチやウォーキングなど軽い運動で溜め込まないことが重要です。
加えて気持ちがリラックスできる趣味を持つこともストレスと上手に付き合う方法といえます。
糖尿病からくる高血圧は、自覚症状があまりない間にも進行しています。
しかし恐れることはありません。
睡眠時間や食事など生活習慣を見直して予防に努めれば、健康な人と変らない日常生活を過ごせます。

関連記事