高血圧は危険な病気です。なぜなら自覚症状がない場合も多いなか、死に直結するような病気へと発展する恐れがあるからです。このサイトでは高血圧を放置してしまった場合にどうなるかや、高血圧を悪化させないための食事の面からのアプローチなど、高血圧に関する様々な情報を提供していきます。ぜひ自分事として捉えてご覧ください。

高血圧の症状を改善するにはノルバスクが有効

ノルバスク高血圧の症状で悩んでいるなら、ノルバスクを服用すると良いです。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬なので、細胞内にカルシウムが流れ込むのを減少させられます。これによって、冠血管や末梢血管を弛緩させて血圧を下げる効果があります。
狭心症の発作も起こりにくくなるので、高血圧症だけではなく狭心症の治療にも使われている薬です。カルシウム拮抗薬はいくつかの種類がありますが、ジヒドロピリジン系のカルシウム拮抗薬です。

前にノルバスクを服用して、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出た事がある人は、服用する前に医師か薬剤師に報告しないといけません。
血圧が低い人や肝機能障害の人、腎機能障害の人も同じです。妊娠している人や授乳中の人も報告しましょう。
他の薬を服用している人も注意が必要です。なぜかと言うと、薬によってお互いに作用を弱めたり強めたりする場合があるからです。

高血圧症の服用方法は、成人だとアムロジピンとして2.5mgから5mgを1日1回服用します。
服用する量は症状によって違います。効果があまり得られなかった場合は1日1回10mgまで増やされます。
高血圧症でも6歳以上の小児は、アムロジピンとして2.5mgを1日1回服用します。
服用する量は年齢や体重、症状などによって違います。ですが、1日5mg超える事はありません。必ず指示された通りに服用しましょう。

高血圧症の人が飲み忘れた場合は、翌日の通常通りの時間に服用しましょう。
間違えて多く服用した場合は医師か薬剤師にすぐ相談しないといけません。自分の判断で服用をやめないようにしましょう。

冠血管や末梢血管を弛緩させて血圧を下げる効果があるので、めまいやふらつきには気を付けましょう。
車の運転や高い所での作業は危険です。機械の操作なども十分注意しましょう。
ノルバスクはグレープフルーツジュースによって、効果が強くなる場合があるので一緒に飲むのは良くありません。
服用方法だけではなく、生活上の注意にも気を付けましょう。

ノルバスクの副作用には注意しましょう

ノルバスクには副作用があるので、知っておいた方が良いでしょう。
主な副作用はほてりやめまい、ふらつきです。他にも頭痛や動悸、発疹などいろいろな副作用が報告されています。
こういう症状に気付いたら医師か薬剤師に相談しましょう。

吐き気や嘔吐、全身の倦怠感や白目が黄色くなる場合は、すぐに服用をやめて医師の診断を受けないといけません。
なぜかと言うと、劇症肝炎や肝機能障害、黄疸の初期症状の可能性があるからです。
他にも危険な症状があるので、気になる症状が出た場合は医師か薬剤師に相談しましょう。

保管する場所は乳幼児や小児の手の届かないところを選びましょう。
直射日光や高温、湿気を避けて保管しないといけません。ノルバスクが残ってしまった場合は、保管しないで捨てましょう。
捨て方はノルバスクを受け取った薬局か医療機関に相談すると良いです。

ノルバスクは処方箋薬なので薬局では販売していません。
日本国内で手に入れる方法は、医師の診断を受けて処方箋を書いてもらうか個人輸入代行の通販サイトを利用するかです。
個人輸入代行の通販サイトなら30錠3,500円前後で購入出来ます。

ノルバスクの成分はアムロジピンベシル酸塩です。ノルバスクと同じ成分で作られているジェネリック医薬品があります。
ノルバスクのジェネリック医薬品を購入する場合も、個人輸入代行の通販サイトを利用するのが良いです。

ノルバスクのジェネリック医薬品なら30錠2000円ぐらいで購入出来るのでとても安いです。
同じ効果を得られるのなら安く購入出来る方が良いでしょう。処方箋を書いてもらう必要がないので良いですし、手軽に購入出来ます。
個人輸入代行の通販サイトはいくつかあるので、信頼出来るところで購入しましょう。

関連記事